新居昭乃@横浜ブリッツ, 19 JUN 2005
b0020463_18501641.jpg
先週は横浜ブリッツまで新居昭乃の20周年記念ライブの追加公演を観て来ました。
あまり良くないライブでしたので最初に褒めておきます。
新居昭乃は去年深夜アニメの主題歌になっていた『懐かしい海』で初めて知ったのですが、得意だと思われるトラッド系の曲を主体にギタポ、エレポ、ポストロックまで軽妙に消化して新居昭乃味の曲に仕立て上げてくる素晴らしい女性ミュージシャンです。浮遊感があって透明で伸びやかなボーカルも魅力で癒し系と言われることも多いみたいです。確かに気持ちが落ち着く声で癒されます。

昨年知ったばかりなので初めての新居昭乃のライブ、楽しみにしていたのです。でもこれ以降は全てマイナスの表現です。ファンは怒らないように。
最初に一言で言えばバンドじゃなくてスタジオミュージシャンのライブだなあって感じでした。初めからCD以下のクオリティしか約束されてないライブ。

会場の横浜ブリッツは初めてだったのですが、音響は悪かったです。特に低音は反響で歪み過ぎ。AXが良く思えるくらいで代々木体育館よりはマシってところでしょうか。

それと入場して驚いたのがライブハウスなのに席が用意されていたこと。チケット買うときに席を用意するとしない場合があるとは書かれていましたが、自分が買った時の整理番号から無いだろうと思っていたのですが、入場順で最後の200何人かは後ろの狭いスペースに押し込めても座席を用意するってことにしたみたいです。整理番号が悪い俺は当然最後方で立ち見です。ビデオジョッキーの映像くらいしか見えませんでした。

演奏は音響のせいもあるのかリズム隊がとにかく全然駄目。今回ゲストの渡辺等が1曲ベースを弾いた以外はベースが不在ってこともあってリズムが平板すぎ。。Asa-Changのドラムはバスドラム大目、たまに変な民族的なリズムとか入れても結局単調で平面的。生の楽器でなくニューミュージックのカラオケでも聴かされている気分にさせてくれました。演奏の骨格になるリズムが駄目なので他の楽器もライブならではの一体感とか全く無し。これなら実際カラオケで歌ったほうが良いんじゃないかと。

客層は自分がこれまで行ったライブで反応が薄い客達でした。知り合いと関係者しかいないライブよりも反応薄かったんじゃないかな。誰も微動だにしないし、拍手は邪魔って意識でもあるのかするのは完全に曲が終わってからで、曲から曲へとそのまま繋がると拍手無し。アンコールを求める拍手にもリズム感がありませんでした。単調な拍手はAsa-Changのドラムといい勝負でしたね。

まあ。何から駄目だってことで、久々に金返せ級でした。わざわざ横浜までお疲れ様でした>俺
[PR]
by interstellar_dust | 2005-06-23 19:50 | live
<< I Love Boddingt... アサリ三昧。 >>