<   2004年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
オーダーメイド
モーニングで連載されていた高梨みどりの「Order-Made」がNHKのドラマになったので見ましたよ。
このマンガは結構好きでした。
次の連載の「アメリカなんて大きらい」はちょっと外しましたけどね。
マンガ喫茶なんかに置いてあったら一度読んでみて欲しいところ。

ドラマ版の見どころは花梨パパが長塚京三ってところ。
見る前からハマリ役だなんて分かってましたが実際はまってましたね。
かっちりした格好が男の俺から見てもカッコイイから、オジサマ好きの女性なんかにはたまらないドラマになりそうですな。
主役の花梨役の人の演技力とか(無いものねだりだけど花梨のイメージって若い頃の森川由加里なんだよなあ。)、錦糸館のボンの滑舌の悪さとか気になりましたけど、メインは長塚だから無問題だよね。
テンポや演出なんかは第1回だからこなれてない感じはあったけど、丁寧な作りなので今後に期待します。
連続ドラマをちゃんと見るのって「マイリトルシェフ」以来だー。

しかし、モーニングってドラマになるの多いね。思いつくだけでざっと
「夏子の酒」「ナニワ金融道」「カバチタレ」「ショムニ」「ブラックジャックによろしく」「課長島耕作」「天才柳沢教授の生活」「警察署長(こちら本池上署)」「のんちゃんのり弁」「ツヨシしっかりしなさい」
くらいはあがる。
次にドラマ化されそうなのは「大使閣下の料理人」「働きマン」あたりですかねえ。前者ならちょっと見たいかも。
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-29 22:28 | comic
エレクトラグライド
以前、観に行くと書いていたエレクトラグライド2004は腰痛のために回避しました。
今日も買い物に行くだけで辛かったので行ってたら確実に腰逝ってたな。
来週火曜日のブンブンのライブはチケット取っちゃっているので行くけど不安だ。

マイルス・エレクトリック
Miles Davis

折角買ったのに、この前WMP10を入れてしまってからDVDの再生に不具合が出ていて見られません。
iPodでもマイルス強化週間にして気分盛り上げていたのになあ・・・。
PowerDVDでも駄目。WMP9に戻しても駄目だったので、OSの再インストールするしかナサゲ。メンドクセー。ファックオフ!ですよ。
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-28 01:17 | about music etc...
「エマージング」を妹萌えマンガとして認識しない!><
エマージング1巻
外薗昌也
講談社

バイオハザード医療漫画。ミトコンドリアは活躍しません。

「琉佳がいた夏」で"本格妹萌えSF漫画"という新ジャンルを開拓した外薗昌也の満を持しての新作。
・・・なのに妹キャラには最初からボーイフレンドがいるわ。序盤から感染して死にそうだわ・・・。
これってハインラインの本を読んだらいきなり猫がエアカーにはねられたー!くらいのショックですよ!

それでも面白いです。妹分もお兄ちゃん分も足りてます。この人はワイズマンでも琉佳でも犬神でも序盤の展開はとにかく上手いんです。
だから妹を活躍させてください。とりあえず仮のワクチンが効いて一安心。お兄ちゃんちょっとだけ嫉妬。みたいな方向で。(無理)
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-28 00:24 | comic
機動戦士ガンダム・ジ・オリジン
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 8巻
安彦良和
角川書店

機動戦士ガンダム・ジ・オリジンの8巻を買ってきました。
しかし、もう8巻ですか。
「小さな防衛線」ってガンダムの中で個人的に一、二を争う好きなエピソードなので、今回のコミカライズはちょっと感涙モノでした。
ちなみに争っているのは「大西洋、血に染めて」。
俺はガンダムファンってよりも漫画家安彦良和のファンなので、この企画にちょっと複雑な思いだったのですが、最近は純粋に楽しめるようになってきたなあ。

b0020463_2211288.jpg
それと最近、上遠野浩平の「ぼくらは虚空に夜を視る」を読み返してみたら結構面白かったので、ガンダムと一緒にその続編を購入。「わたしは虚夢を月に聴く」。帰宅して本棚を見たら右の通り・・・。久々にやってしまいました_| ̄|○
要は俺様、積んだままのマンガとかゲームとか小説が多すぎなのね・・・。
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-26 22:28 | comic
本日のお買い物
雑誌
月刊アフタヌーン
週刊モーニング
ミュージックマガジン

コミック
チーズスイートホーム1巻 / こなみかなた
げんしけん5巻 / 木尾士目
キングゲイナー2巻 / 中村嘉宏

コミック古本
放浪息子1~2巻 / 志村貴子

CD
Make the Cowboy Robots Cry / Beachwood Sparks

DVD
マイルス・エレクトリック

感想
「月刊アフタヌーン」
付録の女神フィギュア超(゚⊿゚)イラネ
そーいやミギーなんか含め作るどころか開けた事もねーや。
文句だけだと発展が無いのでどんなフィギュアなら欲しいか考えてみる・・・。
まず基本。岸和田博士と安川くん。山野田。海野田。ブラックシルバー。
次。親父シリーズ。天狗党から師匠。高間教授。地獄の家から落ち込んでいる星山父。あとモーニングだけど国民クイズのK井。
結構欲しくなるのあるじゃん。
毎回無駄に高い金払わされてるんだからたまにはこーゆーのも作ってよ。

「ミュージックマガジン」
久しぶりに買ったけど特集のレベル低下は行き着くところまで逝っているみたいね。
それでもたまには読まないと落ち着かない俺。

放浪息子 1巻
放浪息子 2巻
志村貴子
エンターブレイン

志村貴子さんのマンガは初めて読みました。
絵は独特ですが魚喃キリコを可愛くしたような感じ?(似てるの白さだけ?)
話は思春期前の子供たちの群像劇ですね。
吉野朔美の「ぼくたけが知っている」みたいな話ってことです。
主人公が女性の格好をしたい男の子と男性の格好をしたい女の子という設定は、ヤロー的にはちょっと厳しい所ですね。

2巻の小学校によくあるようなイヤーな話はリアリティがあって懐かしい気分に。
女の子がアホの男子にご飯をぶっかけるシーンで、すかさず「作った人にあやまりなさいよ」と水を差す委員長ヅラの女の子の性格悪さなんてもう!
真面目ぶった正義面をしてこの台詞を言えるのが女の子の性格の悪さだなー。これが男の子だったらニヤニヤしながら言うだろうなー。そこが甘いとこなんだけど。
しかし、女の子のこういう性格の悪さって実は萌えポイントなんだよなあ。
なんてことをつらつらと考えてみたり。
はたと我に返るとかなりキモイですね。
(大きなドラマよりもミクロなドラマが起きてチクチク考えながら読む漫画なので正しいっちゃ正しいけど)

じゃあ結論はいい年こいたオッサンが読むと気分が若返る漫画ってことで。
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-25 22:26 | comic
日曜日の散歩
b0020463_5394821.jpgb0020463_5322568.jpg

日曜日らしく軽くサイクリングしてきました。
ちなみにサイクリングなんて言っても、自転車は結婚式の引き出物のカタログから選んだ折り畳みのヤツでかなーりショボイ。でもママチャリより車輪が小さくてスピードが出ないから無駄に運動になる。

基本はとりあえず荒川の河川敷。車や横道から飛び出すオバチャリなんかを気にせずに走れるので気持ち良い。荒川を軽く流した後、谷中銀座、谷中墓地、上野の山と散策して池之端藪で昼食。
秋葉原などに吸い寄せられつつアニメイトで前から欲しかったA5サイズの透明ブックカバーを買う。
最近「虹色のトロツキー」や「岸和田博士」あたりのそろそろ古くなってきた単行本の色のくすみが気になっていたのよ。
10枚×5も買ってきたので明日からちくちくとカバー付け作業だ。

んで、その後は最終目的地の水道橋で友人と合流。
競馬マイルチャンピオンシップの馬券を買って中華料理屋でビール飲みながら観戦。
結果は・・・わーお。なんか、久しぶりに当たったよ。
4頭6点BOXで買っていた馬連、軸2頭(4枠の差し馬)からの5点流しで買っていた三連複が見事に当たり。
それぞれ300円と200円しか買ってませんけどねー。
それでも6000円以上のプラスになったのでコンヴァースの靴でも買おうかな。
振り返って見るとメインレースで(押さえとかじゃなく)ちゃんと勝利したのは・・・2月の東京新聞杯以来だ。・・・長かったなあ。

後は、アウトドアショップやCD屋を冷やかして、帰宅。
帰りは結構飛ばした&普段の運動不足が響いて腰がいてー。

(なんだか自転車にハマってきたのかクロスバイクってヤツが欲しい今日この頃)
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-21 22:21 | event / travel
モーニング
最近の週刊モーニングが面白くない。
ここ2年くらいはずっとそんなことを思っていたような気もするが、最近になって買い逃しても平気になってきた。
かわぐちかいじが「アクター」を連載していた頃から生活習慣として買い続けている俺としてはかなりの重症である。
平均して面白いマンガならあるが、これのために雑誌を買っているんだ。と言うようなパワーがあるマンガは入江喜和の「昭和の男」のみ。
こいつは単行本でも買う。「チーズスイートホーム」(こなみかなた)も買うけどな。
こちらは雑誌でと言うより単行本で買いたいタイプ。

雑誌の持つパワーという点ではオリジナルには完全に抜かれた気がする。
復刊したアクションにも猛追されている感じで抜かれないか心配なくらいだ。(もう一歩伸びるのが大変っぽいけどな)
雑誌のパワーの計り方ってのは簡単で、大抵の雑誌には長期連載で空気のような存在のマンガがありますね。
モーニングなら「クッキングパパ」。オリジナルなら「赤兵衛」か「ヒゲとボイン」か「あぶさん」のどれでも良いや。アクションなら「クレヨンしんちゃん」ね。
そういう作品が空気のように埋没していればパワーがある。それが読者が面白いと思うマンガの上位に来るようじゃ終わってる。
俺のモーニングの面白いマンガランキングでは今「クッキングパパ」がかなり上位。「クッキングパパ」のマイブームが来てるわけでもないのに。これはかなりヤバイ状態っしょ。
まあ低迷の理由は月刊モーニングともいえる存在、月刊アフタヌーンの新人発掘育成能力が著しく低下したから。ってのが一番でかいんだろう。
イブニング作ったので層が薄くなったってのもあるだろうけど。


それでは個々の作品について愚痴。
少し前に連載が終了している「おとこ女おんな男」(阿部秀司)と連載中の「はるか17」(山崎さやか)。
モーニング読者の人はもう言いたいことは分かってくれると思うけど、読むと頭がクラクラするんです。あまりの時代錯誤っぷりに。
前者は80年代前半のチャンピオンあたりがお似合いの男女入れ替わりモノ。
後者は80年代後半から90年代前半のスピリッツで空気の様に連載されているべきアイドル業界モノ。
今は21世紀なんですよー?>編集部
80年代ブームとか当て込んでたとしても、懐かしさの前に使い古された切り口がそのままの工夫の無さに泣ける・・・。
山崎さやかはヤンサンで「マイナス」を連載していた沖さやかと同一人物とのこと。
こんなツマラナイ編集部主導マンガを職人のように描けるようになって、なんだかとても大人な作家になりましたね・・・。

そして「BJによろしく」がヘタに当たったために現在医療マンガが4本連載中。
柳の下って言っても普通は同じ雑誌で4本連載するか?編集長の脳の解剖が急がれる。
1)「ブラックジャックによろしく」佐藤秀峰
モーニング的な言い方をすれば医療版「宮本から君へ」。
作品を挙げれば枚挙に暇が無いモーニングの伝統の暑苦しい芸風(注)で医療モノ。
話のネタもガンに精神病。「読むとゲンナリする!」だけ。

2)「N'sあおい」こしのりょう
看護婦版BJによろしく。
二匹目だけにより安直になっている。
今ふと、名探偵コナン化もしくは壁際税務官化した方がまだ良いのでは?
と考えたのが、それって本家本元のブラックジャックだー!駄目じゃん。

3)「スピナス」清水みなこ、楠あると
不定期シリーズ連載。
ニューエイジ電波医療マンガ。
他人のオーラが見えるという看護婦が死の淵にある(もしくは既に死んでいる)患者に救いを与える話。
でもネタとして読むには濃さが足りないのです。

4)「エマージング」外薗昌也
バイオハザード医療マンガ。東京を舞台にしたリアルSF。ミトコンドリアは多分活躍しない。
これに関しては近いうちに単独で駄文を書く予定。

とりあえず今日はこんなところで。

(注)思いつくだけで「宮本から君へ」「鉄人ガンマ」「あいしてる」「レジー」「ジャイアント」「駅員ジョニー」「ああ播磨灘」「GON」「BE FREE」など。
「読むと元気になる!」(モーニングのキャッチコピー)かゲンナリすること確実な作風がモーニングのお家芸。

[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-19 04:22 | comic
今日もテレビが日本語を乱していました。
3時頃。外出中。TBSのワイドショーっぽい番組。
『~~今日のキムタクは上は○○のブレザー、下は□□のデニムとセレブ感溢れる衣装でした(^^)』

「セレブ感」!?何そのアホアホ言語?
しかも溢れてるのかよ!!有名人のオーラがダダモレってことかよ?

しかしこの文章、たったの1文なのに論理が通っていない。
キムタクが着てるから「セレブ感」が溢れてるんじゃねーのか?
その「衣装」を無名の人が着ても「セレブ感」が溢れてくるならすげーが。
俺なんかが着たら「庶民感」が溢れまくりですよ。
そこんとこどーなのよ?
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-09 23:54 | t.v. / movie
夕凪の街 桜の国
夕凪の街 桜の国
こうの史代
双葉社

あまりネタバレしたくない漫画なので、書き方を考えてしまいます。
(でも上かライフログからアマゾンに飛ぶと速攻ネタバレしますね・・・。)

こうの史代さんは俺の単行本デフォ買い確定リストに入っている漫画家さんの1人です。
創作系の同人の方でも活動をしているようですが、そちらはまだ手に入れてません。
まだ活動していらっしゃるなら一度コミティアに行きたいですね。

とにかく才能のある漫画家さんです。
旅行中の暇潰しに買ったまんがタイムの中のたった4ページくらいのこうの史代作品(ぴっぴら帳)に触れただけで、
「この名前覚えろ。今後に期待。単行本はデフォ買い」
と脳内指令が飛んで来ました。

俺が読んだ時、まんがタイムの誌面の中では確実に浮いていました。
(悪い意味でなく。懐が広い良い雑誌だと思いましたよ)
4コマ漫画雑誌というのは、職人肌の漫画家さんが多くて、曖昧な表現を好まないところがあると思うのですが、こうの史代さんは正反対ですからね。
目に見えないものを掬い取ろうとするタイプ。風景の一つ一つが心象のフレームが掛かっていると言うか作者の目を通して咀嚼されてる感じ。
あと人物の絵がね。4コマの絵じゃない。あと4コマだと普通使わない構図も使う。
4コマ漫画を見た時点で「五十嵐大介氏や黒田硫黄氏に匹敵する才能ハッケーン♪」と思ったのは、(こうのさんの方向性を限定するって意味じゃなくて)先見の明といえるかも。と自画自賛。

で、今回の本『夕凪の街 桜の国』は4コマでは無く普通のストーリーモノでなかなかにテーマが重たい話なのです。
ストーリーテラーとしての非凡な才能を発揮しています。
この作品が何故優れているかと問われたら、ストーリーやテーマが複層的な構えになっていて、「最大のテーマ」や「あの時あの場所あの時代」ってものを取っ払ったとしても通用する強度とリアリティを持っていること。
あとは絵の魅力。今回は須藤真澄を彷彿させる繊細でちょっとふわふわした憧憬の対象のような儚い風景を描いています。
それが、かつて確かにあった「夕凪の街」が「桜の国」の時代では存在しないこと。「桜の国」に登場する今の街もいつかは全く違った形になって消えていくのだろう。という当然のことを思い起こさせられてしんみりとしますね。

この作品、泣ける話がイヤな人にはお勧めしませんが、普段マンガを読まないような人にこそ特にお勧め。
上に上がったような漫画家が好きな人には要チェキ。

そういえば、このシト月刊アフタヌーンの四季賞出身らしいのですが、覚えてないんだよね。(創刊直後からずっと購読しているんですが・・・)
才能が続出した1993年組です。春の佳作。
ちなみにその時の大賞は「二十面相の娘」で可愛い女の子が描けるようになって最近ノリにノッている小原愼司氏。
夏が「無限の住人」の沙村広明氏で、秋がなかなか休養から復帰しない天才・黒田硫黄氏、そして冬が地味で売れないかと思いきや今や一番油が乗り切っている五十嵐大介氏です。
今度出るという、アフタヌーンの四季賞入賞作をまとめた単行本には入るんでしょうか?入るなら購入考えますが。
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-09 01:15 | comic
ペイヴメント
Crooked Rain, Crooked Rain: L.A.'s Desert Origins
Pavement
2004
Matador

1stアルバムに引き続き出た2ndアルバムの10周年記念リマスター盤。
前回好評だったためか今回は国内盤も出ていますが、輸入盤のブツをそのまま使い回していて、外箱のアメリカ向けのバーコードの部分にシールを貼って日本では使えないようにしているような代物です。

そんじゃ日本盤と輸入盤の違いって何?って言うと、
○帯が付いている。
○ブックレットと歌詞の訳が書かれたペラペラの紙が入っている。
の2点だけ。日本独自の解説も無し。
これでアマゾンで1000円以上値段が違う(国内盤=¥2,940、輸入盤=¥1,606)のかよ!って感じです。日本盤の発売元にはやる気が感じられません。

もう買った人と前回買った人は知っている通り、商品そのものと内容は最高です。
リマスターされたオリジナルアルバム+ファン向けにこれでもかと入っているボーナストラック。
それとこのシリーズは外箱に力が入っているのが良いですな。
前回はジャケットの絵のペンキで描かれている部分を油絵の様に盛り上げたもの。手で触ると触感がやたらとリアルで気持ち良いんですよね。
今回は外側のカバーの一部が切られていて中のジャケットを覗くようになっています。結構見かける手法ですが出来が良いです。
Pavementは、曲を聴いているとその一音一音が目の前にあって手で触れることが出来るんじゃないか?と錯覚を起こさせるような触覚的な音を出していたバンドだったと思います。
そういう音の特徴がジャケットのデザインにも出ているなあ。と思って顔がほころびました。

Slanted & Enchanted: Luxe & Reduxe
Pavement
2002
Matador

激お勧めな1stアルバム「Slanted & Enchanted」の10周年記念盤。
デジタルリマスターされたアルバム曲にボーナストラックが沢山。
それにブックレットと触覚的に楽しい外箱が付いて2142円。
Pavement入門に最適。
[PR]
by interstellar_dust | 2004-11-05 02:08 | disc