カテゴリ:響鬼( 30 )
仮面ライダー響鬼の感想終了のお知らせ
長い間、更新も停止していたので今さらなんですが、終了します。
30話以降の新番組のような展開についていけずに脱落しました。
もし俺なんかの感想を楽しみにしてくださっていた方がいたらごめんなさい。
そしてこれまで読んでくださった方、ありがとうございました。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-11-07 23:11 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十九之巻「輝く少年」
今回が更迭された脚本家さんプロデューサーさん担当の最終回とのこと…。

□冒頭のナレーション。
ヘッドフォンして見てたら…明日夢くん、ちょっと泣きべそ入ってますか?^^;
だとしたら細かい演技ですねえ。

□夕立に降られながらテントに入る明日夢とヒビキ
『ヒビキさん、さっきはすいませんでした』
『あの。滑って落っこちちゃって』
『でもそれで帰りが遅くなって雨も降っちゃって夕飯のしたくも出来なくなっちゃったのかなあって』
思春期の少年らしくマイナス思考のスパイラルに陥る明日夢くん。

『少年さ~。そんな風に考えていたらキリが無いだろう』
ヒビキ説教オヤジに変身。

『少年はさ~、携帯無くしたよな。俺は帽子を無くした』
山での小滑落を例に挙げ、明日夢のことを常に気に掛けている俺はさ、暴行事件のこともキミと痛みを分け合っているんだよってことを伝えるヒビキ。
これって完璧に父親と子どもの愛ですよね。するってえとヒビキ×明日夢母の年の差カップルもありなのか~?
明日夢くんの立場からしたら、地の底まで凹んでる今はともかく、響鬼に子どもと思われたままじゃ情けないよね。奮起しなくちゃね。

『でも生きていくってことはさ無くすことばかりじゃないぜ(ニッコリ)』
ヒビキさん、決まったね!でも明日夢が滑落したのはヒビキの責任の範囲だけどね。

『その顔の痣…自分ばっかりって感じ?』
『でもさ…それが現実なんだよ』
『正しく生きていても傷つけられたり踏みにじられたりする』
『でもね…少年の人生はね…少年のもんなんだよ』
ヒビキ、ついでに自分の責任も回避!(笑)

『まあ生きてりゃさ、その度に傷を作ったり痣を作ったりすると思うんだよね』
『でもそんな時、心だけは鍛えておかないと自分に負けちゃうじゃない?』
『自分が信じたことを信じて生きていって欲しいなあと思うんだ』
番組がこれまで何度も伝えようとしてきたテーマだけど、ヒビキに言葉にされると泣ける。
バッチリ、伝わりましたよ!>更迭された脚本家さん、プロデューサーさん
これまでありがとうございましたっ!

□たちばなを訪ねてきた明日夢のお母さん
『女親が言っても本人むくれるだけなんで…』
『人生ってほら、転んで這い上がって転んで這い上がっての連続って言うか』
明日夢のお母さんは、本当に俺の涙のツボをつく人だよ…。子どもを思う気持ちが泣ける。後半はちょっとぶっちゃけ過ぎだけど、そこはまあ「オバサン」ならではのぶっちゃけトークと思えばむしろ微笑ましく見えるわけで…。だから脚本家さんもお母さんにこの言葉を持ってきたんだろうね。

□たちばなにモッチー。
白のワンピに同じ色の作務衣の下みたいなズボン。も…萌えますね。

□第1部完
最後はまるで最終回のような大団円でした。
次回から脚本家さんプロデューサーさんが交替して未知の領域に突入です。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-09-23 01:15 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十八之巻「絶えぬ悪意」
感想が滞っている間に、関連グッズの売り上げ不振でプロデューサーと脚本の人が飛ばされてしまったと言う、イヤ過ぎる話が伝わってきた響鬼。なんだかビデオを消化するのが怖くて(HDD上のデータだけど)積んでいましたが、このまま中途半端もどうかと思ったので消化再開です。

28話はのっけからサガリまくりの明日夢クン。何があったのかと思ったら9話10話で
<本屋で万引きカップルを目撃してしまう明日夢クン。ヘタレな明日夢クンは目を逸らそうとしたのに万引き犯と目と目が合ってしまい、その後捕り物に巻き込まれて女の方にバッグで殴りつけられて怪我をする。男の方ともその後、町で遭遇。ボコボコにされそうになったところをたちばなのおやっさんが登場、逆ギレ男を取り押さえて大人として軽い説教。典型的なザコ敵のように捨て台詞を吐いて逃げる逆ギレ少年>
というような出来事があったのですが、その逆ギレ少年とまた町で遭遇してボコボコにされたみたいです。

そんな明日夢クンを気分転換にと(「バイトをよく頑張っているから」という口実で)山に誘うヒビキさん。
うーん。どうなんでしょう。経験上ではこの手の輩は警察に捕まるまでは執拗に犯行を繰り返すんじゃないかと思いますけどね。
ただ、子ども(明日夢)の前にある障害物を親が払ってしまうのは簡単だけど、転ばない、転んでも立ち上がれる強い子どもにする、そういう道を行くのがこの番組らしいところでもあるんですよね。
自分だったらどうするでしょうか。難しいところです。

以下、他に気になったシーンを羅列。
□壊れる音檄棒
裂けて木目が見えたよ。音檄棒の原材料って木だったんだ!><

□イブキに対してあきらの告白
『もう少し自分を変えてみなきゃって思ったんです』
あきらちゃん!アンタ良い子過ぎるよ!><
イブキも褒めるな!あきらはむしろ少しは我がままを出したくらいの方が良いと思うぞ。

□みどり先生曰く
『明日夢くんってお人形さんみたいでショタ心をくすぐられる可愛い』
あ~。ねえ?(笑)

□明日夢くん登山中に滑落
「お約束だな」と思わず笑ってしまったけど、真面目に突っ込めば完全にヒビキの責任。初心者を山に連れて行くならクドイくらいに安全確認を。ロープやハシゴ、三点支持、ザイルが必要な場所ではウザイと思われても何度でも基本を繰り返しましょう。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-09-22 02:11 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十七之巻「伝える絆」
サマソニ参加とその疲労でビデオの消化が遅れ気味です。
NHK-BSでやっていたガンダム特集を観るのはいつになるやら。

努のことがヒビキの弟子だったのじゃないかと気が気じゃない明日夢くん。
それは嫉妬ですな。
ボーイズラブ好きなお姉さま方がにんまりする顔が目に浮かぶ。
ちょっとサービスしすぎじゃないの?(苦笑)

努はかつてのヒビキの弟子じゃなく、しかもなんだか良いヤツ。
かつてに鬼になることを諦めて今はライフセイバーを目指している努は、自分の経験を話しつつ明日夢にそれとなくアドバイス。
しかし、家族の反対で諦めたって…。思わず笑ってしまった。
息子が「俺、学校卒業したら鬼になって戦うよ」なんて言ったら、それはどんな家族でも反対するよなあ(笑)
ヒーローモノの世界ではそれはなあなあにするところだと思っていました(笑)

明日夢も努のように何かを選択したり諦めたりしなければならない日が来るだろうし、今はそのための準備期間の日々。今日明日夢はそうした日がそんなに遠くないことを自覚したのだと思う。
明日夢は本当に周りの人に恵まれている。これが明日夢の一番の才能なのかも。

明日夢がそんなことをしている間、一人お店で働くあきらちゃん。
『もう安達くんったら』
明日夢が店に戻ると留守の間に訪ねてきた幼馴染のひとみちゃんが働いていて、あきらには『どこいってたんですか?(ニッコリ・怒)』と問い詰められるのでした。
こっちの人間関係が恵まれているのは許せませんな。
しかし、あきらって最初はツンデレキャラかと思ったけど、完全に優等生キャラですね。本当に良い子。俺もあの笑顔で首根っこ掴まれたい。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-08-24 01:33 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十六之巻「刻まれる日々」
ヒビキと並んで芝生の上で気持ち良さそうにドラムの練習をする明日夢が印象的。
髪の毛に明るい色を入れて少しシャープな感じに、そして男の子から男に少しだけ成長したようにも見えました。実際に栩原楽人くんは、身体的に成長しているのかもしれないし、体重を減らして来ているのかも。ウェイトに関しては、仕事とはいえ役者さんはそういうところが本当に凄いよなあと感心します。(もともと痩せてるところからさらに痩せるわけだしねえ)
前回、ムキムキのトドロキのワキのアップがかなり強烈だっただけに、ドラムの練習で汗をかく少年の一服の清涼剤のような爽やかエロスに、今回初めて明日夢にクラっと来ちゃいましたという女性の方もいるんじゃないでしょうか。

今回のみどり女史の説明から、魔法使いみたいに全身黒い衣装をまとった唐沢俊一氏似の人は「黒い姿をしたもの」、三蔵法師のような全身白の衣装で口にはヘビメタのようなマスクをした人は「白い姿をしたもの」と言うことが判りました。ってまんまじゃん!
[PR]
by interstellar_dust | 2005-08-07 22:15 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十五之巻「走る紺碧」
今回Aパートまでしか見てません。
HDDビデオに撮った放送をCMカットしながら見ていたのですが、操作ミスでCMだけじゃなくて本編を丸々削除してしまった罠。

ということで今回は香須美さんの黒ビキニくらいしか感想無いんですが、あえて水増しすると…

香須美さんのビキニ!黒ビキニ~!!
こんにゃくゼリーのCMに出れそうな腹っ!!

細川茂樹も鍛えてるなあ~。二人して美しい身体。
俺もたまには元体育会系の根性出して腹ひっこめよ~。

トドロキのワキ!ワキ!そんなにアップにしてるんじゃねー!
カッパの分身キモッ!キモッ!少し卑猥でキモい。ヒワキモッ!

ってところでしょうか。うーむ。すまん。

仮面ライダー響鬼は1年のシリーズで全50話予定だから今回が丁度折り返し点ですか。俺は仮面ライダーは子どもの頃に大百科とメンコで得た以上の知識は無くて、響鬼がほぼ初ライダーだし、特撮番組も飛び飛びに目にしていたというのを別にしたら、10年以上前に深夜やっていたウルトラQの再放送以上に長いシリーズを見るのって初めてなんだけど、全50話のシリーズって恐ろしく長いかと思いきや意外と短く感じるね。
これまで毎回話は面白いんだけど、最初から見たら意外と話が進んでない気もしないでも無い。敵の壊滅とかそういう劇的な最後は無さそうだから大団円は鬼たちは代替わりしながらこれからもこれまで通り戦っていくのでしたエンドなのかなあ。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-07-25 22:47 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十四之巻「燃える紅」
□今回の戦闘シーン
今回の太鼓祭を見ていたら装着変身シリーズを3体揃えたくなりました。
装着変身はヒビキを買ったきりで、電車男と違って部屋にフィギュア関連を飾る棚とか無いし、パッケージに入れて本棚に本と一緒に並んだままなんだけど、これはちょっと3体揃えてポーズを取らせて飾りたいぜええ。って響鬼(紅)も出るのかな?(緑と青の音檄棒付きだと嬉しい)しかし1800円×3はキツイなあ。普段、他に無駄に使っているものなんていくらでもあるんだけどね。
それにしても響鬼(紅)強すぎ!圧倒的じゃないか!さすが主人公!
イブキとトドロキは完全に引き立て役、トドロキは悩んでる暇なんて無いな。修行頑張れ~よ~

□今回の問題シーン
あきらから明日夢への電話を横にいるモッチーには内緒で取り次ぐ日菜佳さん。
え?そうなの?いつの間にあきらのフラグ立てたんだよ?明日夢!(怒)
…いや、モッチー→明日夢は誰が見ても判るから余計な波風立たないように日菜佳が気を回しただけと信じておこう!
相変わらず鈍い明日夢には張本さんから喝!お願いしま~す。

□今回の萌えシーン
香須実「あのー。もしかしてトドロキさん。なんで俺が太鼓やんなきゃなんないんだ?って思ってません?」
トドロキ「え?・・・あ。いや。香須実さん、鋭いっすね」
香須実「あ。ごめんごめん(笑)いやあ、トドロキさんは弦の担当なわけだからさ~」
トドロキの反応を見て(あら?少しきつく聞こえたかしら?考えながら言葉にしたからそうかも)と少し慌てたようにフォローする香須実さんに萌え。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-07-18 22:28 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十三之巻「鍛える夏」
幽玄。なんて言葉が出てくるような山深い寺。無心で巨大な太鼓を叩くヒビキ&トドロキ。ロケーションも雰囲気もバッチリで太鼓を叩く二人の姿はまさしく鬼(隠)って感じです。じっくりと見せるカメラに変身後のフォルムも光る。今回はカッチョエエOPだなあ…。しかし。
『ストップ!ストップ!ダ~メ!ダ~メ!』
偽外人口調でトドロキに駄目出し入れるヒビキ、オッサンくせええええ!そのセンスに親近感!

顔の変身を解いていきなり夏の体育会系合宿のようになってまいりました。朝飯を食う時のタンクトップ姿でさらにそんな感じに。空気良さそうな朝の庭で薪割りするトドロキ君の姿もまさに修行・合宿中って感じ。まさに「鍛える夏」。俺も学生に戻って空気良いところで2週間くらい合宿してきたいなあ。と思ってしまうような懐かしい雰囲気もありました。

これまでビミョーだと思っていたトドロキと日菜佳の関係だけど、携帯で日菜佳に泣きいれるほどには良い感じなのね。しかし、日菜佳に愚痴はまったく聞いてもらえず反対に「頑張れトドロキー!」とハッパをかけられてしまう。応援してくれる気持ちはしっかりと届いたけど、二人の仲はやっぱりまだビミョー?
このシーンでカメラは応援する日菜佳の握りこぶし、続いてトドロキの背中を映すんだけど、その背中から透けて見えるのは感動の気持ちが半分、心に沈むものが半分といった感じ。しかし朝から良い演出ですね。目が醒めました。

そんなこんなで修行に対して疑問があって身が入らないトドロキに対してのヒビキ。
『お前は鬼の新人で、俺は鬼の先輩だってことなんだよ』
焦らずに答えを言ってしまわずに遠回りするヒビキがいい。結局自分の手で掴まなければ次の景色は見えてこないもの。今は手応えが無くてもかつて同じ道を歩んだ先輩の勧める修行に無駄なんて無いものさ。頑張れ。トドロキ。

この後の戦闘シーンは今日もテンポ良く素晴らしい。最近は格闘シーンが高値安定してきたなあ。
次回、ヒビキのワキがアップ。

(電車男の感想で自分がツンデレ好きなのを確認した俺。そういえば響鬼だと断然、あきらが好きじゃああああ。ってことで今回モッチーのチアにはあえて触れず。)
[PR]
by interstellar_dust | 2005-07-10 23:17 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十二之巻「化ける繭」
今週のヒビキさん
『俺の出番だな』
『おい。大丈夫か』
『よし。三方向から同時に仕掛けよう』(イブキ&トドロキ『えっ』)
『互いの清めの音を共鳴させるんだ』(イブキ『そうか!それなら(以下略』トロドキ『なるほど!』)

少年漫画のような王道展開。
まるで主人公のような響鬼さんに大笑い(失礼な)
でも共鳴してないから!てんでばらばらだから!(笑)
戦闘パートはエンターテインメントに徹した22話でした。面白かったよ!

他。
ヤマアラシとウブメの合体シーンキモかったよ~。
つーかウブメがヤマアラシ食ってただけだろ!
合体して出来た合成獣(合成魍?)もかなりグロかったです。ミノタウルス+ヤマアラシ+ヘビとトビウオのアイノコみたいなのだからなあ。色も深い(不快)青だし。ヒビキが「な~んだ?コイツは~?」と嫌そうに吐き捨てていたのも当然か。

前回突然倒れた茶道教室のお師匠さん。
明日夢くんは布団を持ってきて敷いたり、手を握ってあげたりと大活躍です。
成長を見せた明日夢ですが、視聴者から見てもきつそうな着物の帯を緩めなかったのは何故か。多分、そこに手を付けたら「え?あれ?モッチー、これどうやれば?」って化けの皮が剥がれるから。自分の今の実力を知ったナイス判断だ。明日夢くん。

次週はとうとうモッチーのとチアー姿が。野郎は必見。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-07-05 00:49 | 響鬼
仮面ライダー響鬼 二十一之巻「引き合う魔物」
たちばなに電話をかけてきた第4のライダー弾鬼。
「あ~。みどりちゃん。みどりちゃん。いる?あ~。わかった。わかった。じゃあ。おやっさん。おやっさん出してよ。」
単語を二度繰り返す口調が特徴的。気の短い慌て者タイプ?
メガネで押しが強そうで営業系のサラリーマンにいそうな感じもする。

またまた顔まで明らかになったライダーが増えたってことで、敵もライダー一人ずつではなかなか勝てないようなのが出て来ました。嬬恋と軽井沢でそれぞれ戦っていたイブキとトドロキが苦戦の末に偶然合流。
『イブキさん行きましょう!』『ええ』
トドロキくん、イブキくん、視聴者のボクにはこれまでいいようにやられて来たように見えるのになぜ強気なんだ~!なんて思ってたら次週予告でもまだまだ苦戦してました。駄目じゃん。

『おまけに僕らの音檄が通用しなくて』
予告で弱音を吐くトドロキ(笑)
『互いの清めの音を共鳴させるんだ!』
ジャンプの格闘漫画みたいなことを言い出すヒビキ(笑)
来週はヒビキ、イブキ、トロドキの3人が揃って熱い展開が期待できそう。
決戦の地は鬼押出しですか?

ヒビキと明日夢がご近所の茶道教室に団子を届けに行くと言って歩いた道は谷中銀座、そして夕焼けだんだんでしたね。つくづく下町が好きな番組だなあ。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-06-26 20:50 | 響鬼