カテゴリ:sports( 19 )
柏レイソル対ヴァンフォーレ甲府
昨日は久々にレイソルの試合を見ました。自宅でテレビ観戦ですけどね。
前に見たときは守備の要にホン・ミョンボがいてそこそこ強かったのですが、2年連続の入れ替え戦ですか。うーむ。

日立台には12月だと言うのに上半身裸のサポーターがわんさか。

海外、たとえばフランスのサンテティエンヌ*などではフェンスに群がって雄たけびを上げている若い裸族の姿も珍しくない光景ですが、いつの間にかJリーグも海外並になったんですね。

ダイヤモンドサッカー世代で、サッカーと言えば、80年代イギリスの殺伐とした女っ気一つ無いスタジアムばかり観て来た俺は、日本のサポーターもレベル上がったなあ…(駄目な方に)と正直嬉しくなりました。

試合のほうを振り返ると、レイソルの守備陣は相手がボールを持つと4人がかりなどでボールに向かってしまい、自ら守備のバランスを崩していました。アウェイの甲府で負けたのがそんなにプレッシャーだったのでしょうかねえ?意気込み過ぎて、却ってボールは取れず速攻も出来ず、終始相手ペース。結果は退場者が出た事もあって大敗でJ2への陥落が決まりました。

レイソルは家から一番近い*サッカーチーム。もう少し応援するから早く帰ってきてくれよー。

*かつて炭鉱で栄えて今は終わってる街。もちろん最近フランスで起きている暴動でも主役を張っている。

*衛星写真で上から見たら浦和の方が近いと思うけど交通手段を考えると柏の方が近い。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-12-11 06:19 | sports
ホークス杉内投手がパのMVPに
2005年のセ・パ両リーグのベストナインとMVPが発表されました。注目すべきパ・リーグのMVPはホークスの杉内俊哉投手でした。
先日、ロッテ優勝のエントリで「是非ともマリーンズ・西岡剛選手にMVPを!」という趣旨のことを書いたばかりで残念ではあるのですが、MVPが杉内投手なら仕方ないですな。
杉内俊哉投手2005年成績
◇シーズン
26試合・196回2/3・防御率2.105・18勝4敗・8完投・2完封
◇プレーオフ
2試合・13回・0勝1敗・防御率3.462
第1戦●2-4(7回0/3・8安打・4失点・4自責点で負け投手に)
第5戦●2-3(6回・6安打・1失点・1自責点で勝敗つかず)

特筆すべきことはふたつ。
<1年間ローテーションをきっちり守っている>
今季の杉内投手はローテーション飛ばしやお休みが1度も無いのです。同じように素晴らしい成績を残した西武・西口やロッテ・渡辺俊もシーズン中に1度は休んでいるわけで、実際これはなかなか難しいことで凄いことです。

<プレーオフを含めた全ての登板試合で責任投球回数以上(5回)を投げ、最高で5失点が2度、被安打も8が最高という安定感>
*参考
6/7の対広島戦、黒田を相手に6回を投げて8安打5失点、自責点4。2-5のスコアで負け投手になっている。8/6の対楽天戦では6回1/3を投げて5安打、5失点、5自責点だが、この時は10-8で勝ち投手に。

つまり1年間身体のメンテナンスが完璧で、首脳陣が「一度休ませてみるか」などと考えるような成績的なスランプも一度も無かった。今季の杉内投手はプロとしての完璧な仕事をしたと言えるでしょう。

もしも杉内のMVPに無理やりケチを付けるとしたら「裏ローテで下位チームから白星荒稼ぎしただけやんけ。上位チームのエース級と当たっていたらこんなに勝ってないんじゃないの?」なんてところでしょうか。
確かに杉内は新垣、和田の表ローテに対する裏ローテの一番手だし、楽天に対する6勝など弱者相手に勝ってるイメージがあるし、ロッテ戦、西武戦などであまり投げていた記憶が無い。データ的にも日本ハム、オリックス、楽天戦で先発全26試合中11試合を占めている。
しかし、下の表を見れば弱いチームにだけ勝っているわけではないのが解ります。

ロッ2戦2勝0敗
西武3戦2勝1敗
日ハ4戦1勝1敗
オリ5戦3勝0敗
楽天6戦6勝0敗

阪神1戦1勝0敗
横浜2戦2勝0敗
巨人1戦1勝0敗
広島2戦0勝2敗

また各チームのエース級相手にも広島黒田には2敗しているが、西武西口とは1勝1敗の五分、ロッテ清水に2勝、巨人上原に1勝など他球団の誇る球界のエースクラス相手にも決して引けを取っていません。
結論として、俺はマリーンズ西岡を押していたけどホークス・杉内がMVPなら仕方がないと思うわけであります。

杉内の常に自分から先手先手を取っていく小気味の良いピッチングは現在のパの見ものの一つ。8月20日のライオンズ西口との投げあいは痺れましたよ。来年もあんな試合が見たい!ってことでこのあたりで〆ます。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-11-05 00:34 | sports
ロッテ優勝
ロッテ優勝おめでとうございます。
31年ぶりですか。当然前回の優勝は全く覚えてません。

うちの親父が生粋のロッテファンでして、自分が初めて観に行った(連れて行かれた)プロ野球の試合は1981年日本ハム対ロッテのプレーオフ第3戦(後楽園)でした。今でもはっきり覚えてます。ロッテの先発は水谷、日本ハムの先発は間柴の左腕対決でした。試合は負けて親父は不機嫌そうでしたが、帰る時に選手入場口に巨人の選手たちの姿がありそこにルーキーの原選手がいました。後楽園球場は日本ハムと巨人の本拠地でプレーオフはデーゲーム、巨人の試合はナイターなのでした。初めて見た本物の原は子どもの視点からは巨人のように大きかった印象があります。それと子供視点でも本人の周りに爽やかオーラがあるのが見えました。原を間近に見ていつの間にか親父の機嫌は直ってました。ミーハーな親父です。俺は自宅に帰ってからしばらく水谷の投球フォームを真似してました。

まあそういう訳で今回の優勝は家では親父が一番喜んでました。

話は今年の優勝に戻ります。日本シリーズのMVPは今江選手になりましたが、シーズンのMVPは是非西岡選手に。
盗塁王のタイトルだけでなく、遊撃と二塁を兼任してどちらでも確実に、確実以上にダブルプレーが取れる選手というのは本当に価値があります。 今年、我が西武ライオンズが低迷したのは確実に併殺が取れる二遊間が存在しなかったからだと言っても過言では無いし、セで広島カープが沈んだ一因でもあります。ああ!ロッテが羨ましい!
西岡選手は天性の身体の柔らかさもあって、ベースを踏んでから一塁に投球する一連の動作が現在、日本一美しい選手だと思います。セカンドベースに入る動きなど注目して欲しいですね。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-10-27 00:49 | sports
ロッテ3連勝
岡田監督はシーズン中と変わらない普段着の野球をしようという思いが強すぎて、結果として後手後手の緩手ばかりになってますね。
しかし、さすがに今日は「ピッチャー桟原」のコールで「今日も虐殺モード開始かよ!」という予感が頭によぎった人も多かったでしょうね。
実際それが現実になれば「4点差だったらまだ分からないものを!岡田学習しろよ!」と思うのもやむなし。

とは言ってもどこで流れが変わるか判らないのも野球。阪神ファンには今は希望が見えませんが何がきっかけで変わるか判りません。
俺は根っからのパ・ファンなので正直このままロッテに勝って欲しいので、気を引き締めていって欲しいですね。面白いことにならなくて良いんで4連勝で決めちゃってください。応援しています。

テレビに
「三度の飯よりロッテが好き」
というプラカードが映ってましたが、個人的には
「三度の飯より川崎球場の肉うどんが好き」
でした。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-10-26 01:01 | sports
ロッテ優勝
コバマサ劇場・大炎上編から九分九厘手にしていた優勝を逃すのもロッテらしくて良いんじゃない?とも思ったけど、勝負の神様は初芝清に日本シリーズの舞台を用意しました。

連勝に勢いづいた小林宏がヒーローインタビューで「今年は優勝します!」と宣言したら案の定、次の日から大型連敗☆そんなロッテが俺の知っているロッテらしいロッテなんだけど、初芝のサードゴロ→全力疾走→サードとショートが衝突→必死ってより踊っているみたいに軽快なセーフのジェスチャー→打球の行方を確認して二塁を意識したらイッパイイッパイで足がもつれ気味ですよw初芝さん!から流れが変わっての逆転、そして優勝。初芝清引退前の一世一代の大舞台へ。こんな夢みたいなことが起こるのもまたロッテらしいと言えるのかも。

初芝清の日本シリーズが見られるのは正直嬉しいんです。俺は創設以来の西武ファンだけど高校生の頃は金と暇さえあれば川崎球場に通ってました。座るのはいつも三塁側内野自由席。ロッテのベンチの様子が見られる。ホットコーナーが間近に見られる。水上のウザイ長髪が目前に見られる。さらに目の前のブルペンには南海・香川の巨体があったりして。
南海ホークスがダイエーホークスに変わった年、俺が球場に行くお目当てはホットコーナーの初芝になりました。初芝の守備。打球への反応。ファウルフライへの全力疾走。そして笑顔。決して上手い選手では無かったけど全てが絵になった。笑いも取れた。何より雰囲気がありました。

初芝のための日本シリーズ?なんだそりゃ?昨晩見た夢じゃねーの?なんて言ってる間に4連勝ってくらいの勢いで阪神倒して優勝してください。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-10-18 02:40 | sports
【ラグビー】ニューカッスル対NECを見てきました
土曜日にラグビー、ニューカッスル対NECの試合を見てきました
ニューカッスルはイングランド・プレミアシップのプロチーム。
直前にウィルキンソン(イギリスではラグビー界のベッカム様というくらい大人気のスター選手)が盲腸のため先発から外れるというニュースがあったのに土曜の夜の国立競技場は1万人くらい入っていました。

やっぱりラグビーシーズン前、学生は菅平で合宿中だし、観客は皆ラグビー観戦に飢えていて、真夏の夜にビールを飲みながらラグビー観戦するのも良いよなー。といった感じでしょうか。

試合は73-6というスコアが示すようにニューカッスルが終始圧倒。
前半の最初にドロップゴールを決めたりFWで押せるのに前へ前へといかないでオープンに振っていったりと、練習試合だからこそいつもの戦い方を崩さずに、日本のファンに本場のプレイを見せてくれたんじゃないかと。フィジカルの強さ、接点の強さ上手さ、色々と見せてくれてなかなか楽しかったです。特にナンバー8のチャービスは攻守に良かったなあ。
一方でパスミスとかFWの集散の怠慢も目立ちましたが、力の差がありすぎたので仕方ない面もあるかなと。ロスタイムまで積極的に点を取りにいった姿勢とかやはりプロだなと思いましたし。

これでNECが少しでも食らいついてくれればよかったんだけど、NECは終始圧倒されていたこともあって何をしたいのかよく判らなかった。ラグビーのような実力の差がハッキリ出るスポーツでこれだけの実力差があったら仕方ないとも言えるけど、ロスタイムまで積極的に点を取りに行ったニューカッスルと較べてしまうと、たかが練習試合と必死さが無かったのはどっち?と思ってしまう。前行と相反するかもしれないがそれこそ練習試合なのだから、ゲイン切れなくてもすぐにキックに逃げないで、もう少し愚直に攻める姿勢も見せてくれたらなあ。ディフェンスの意識だけでは何も起きないですからね。

この日は深夜3時からサッカーのフランスリーグ1・ルマン戦もあったのですが、アウェイの魔力にはまったルマンはコルシカ島の小チームで毎年降格争いをしているアジャクシオ相手に無念の引き分け。試合内容的には負け。松井大輔も後半早々に交代と消化不良の日でした。NECはどうでも良いけどこちらは…うーむ。前節(4対0、相手選手が1人前半早々に退場、松井大活躍)みたいな試合もあればこんな試合もあるか。次節は頑張れ。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-08-22 01:41 | sports
【松井大輔】ルマン対メッス【安貞桓】
ESPNで21時半から放送される予定だったメッス対ルマン戦に備えてテレビの前に座っていたのだけど、その前に放映していたマリーンズ戦が小林雅の炎上でまさかの延長に。サッカーが始まったのは23時15分から。1時間45分遅れの放送ですよ。風呂入ったり掃除したりしても時間が余ってアクビが止まらないし、横山登板の時にはもう実際意識が飛んでいた。21時前までは今日の試合は早く終わるなと思っていたのになあ。

で、肝心のサッカーの試合のほうも半分くらい寝ていたのでよく覚えてないのだけど、松井大輔はフランスでも良いパス出してるねえ。
ハイライトで見た第1節は相手がリーグ4連覇中の強豪リヨンということもあって引き気味だったのか、得点をアシストしたクロスと、その少し前にスペースに出した絶妙のクロスくらいしかピックアップされていなかったけど、今日はチャンスをメイクしまくり。すでに攻撃の組み立ての中心ですな。当たりの強さも凄い成長しているし、先々が楽しみです。
試合の方は終始押し気味だったのにFWがどうしても最後を決められなくてスコアレスドローでした。

アン・ジョンファン?昨日のアンは駄目な方のアンでした。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-08-10 02:20 | sports
俊輔の移籍でますますスコットランドに行きたくなりました。
グラスゴー・セルティック、良いですね。
テレビ観戦ではスポーツアイESPNが去年フランスリーグアンとスコットランドプレミアを放送していたから、2005-2006シーズンはもしかしてセルティックの俊輔、マルセイユの中田浩二、ルマンの松井大輔が全部見られるってことかな?そいつは超ラッキー。

スコットランドは憧れの地ってヤツでグラスゴーで地元バンドのライブを見るとかペナンに行ってスコットランド一有名な電話ボックスから国際電話をかける(映画ローカルヒーローネタ)とか一度は行かなくてはいかんなあとは思っていたのですが、マジで俊輔がいるうちに行かんと。レンジャーズ戦以外は向こうに行ってからでもチケット取れるのかなあ?

テロに関しては、数年前からイギリスがテロの標的になる前に必ず行くって口癖のように言ってたんたけど、もうテロ起きちゃったから怖いものねーよ。日本にいたって毎日地下鉄使っていればテロの標的だしよ。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-07-24 22:27 | sports
携帯の待ち受けを変更してみた。
b0020463_0165554.jpg
この画像は巨人ファンの後輩が嫌みったらしく試合終了後送りつけてきたんだけど、今ではこれはこれでなかなか良い絵だなと。
"西口9回2死までノーヒットノーラン残念Tシャツ"なんてのを球団オフィシャルで出せば売れるんじゃないの?数量限定100枚とか駄目押しされたら俺なら買う。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-05-18 00:22 | sports
西口またも9回2死からノーヒッター逃す。
9回2死までノーヒット再び
ってお前は仁科時成(元ロッテ)か!
いやあ西口サイコウっす。

今日は対巨人交流戦ってことで、『交流戦様々・西武叩きで「首位」へ』なんて夢見がちな巨人ファン向けの見出しが付いたスポーツ紙を買って朝から闘志満々モードだったので余は満足です。

でも、オチはつけなくても良かったのになあ。
9回はドキドキし過ぎて今もまだ脱力状態ですよ。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-05-13 21:52 | sports