『めぞん一刻』実写ドラマ化について考える
つい最近、ブログで「アニメ版『めぞん一刻』を初めて見たよ~」ってなネタを書いた直後に、「めぞん2006年実写ドラマ化」なんてニュースが流れてました。

早速ネットでは『響子さんは誰が良い』とか『石原真理子主演の実写映画に続いてイメージぶっ壊されそう』とかそういう話題で盛り上がってるようです。
確かにマンガやアニメでヒットした作品だけに配役によっての拒否反応凄そうですな。
かく言う俺もアニメ版を見て<どもりがちで少し根暗でオタくさくてキレキャラのアニメ版五代くん>に違和感を感じたばかりなので解りすぎる。マンガ版でもあんなんでしたっけ?五代って<もっと単純にバカでスケベでへこたれない前向きないじられキャラ>だったように思ってたけど違ったんかなー?スピで最終回見てから読み返してないので俺が間違ってるかも知れんけど。

まあとにかくドラマ化決定ってことで、配役を考えるのが巷で流行っているらしいので俺も配役考えてみました。 まずは

響子さん=ソニン

え~?と思うでしょうが、俺はマンガ版初期の目のつりあがった響子さんが好きなのですよ。
普通に雰囲気が合いそうな人を考えたら、ハセキョー、菊川怜、国仲涼子あたりを思いついたんですが…連載開始当時の響子さんの設定年齢=21歳というのを考えると年食いすぎ。テニスウェア姿あり、アンダースコートチラあり、ホットパンツ姿ありってことを考えたら、ハセキョー、菊川怜あたりだとキツすぎ。つーか見たくねーし。国仲涼子でギリギリ。ソニンなら積極的に見たいなあと思いますので、やはり欲望のままにソニンで。 単に俺がソニンのファンだってのヴァレヴァレですね。 でも、時たま髪の毛をお団子にしてアップするのもソニンなら似合うと思います。唯一の難点は背が低いこと。山田優ってのもありかも知れん。

他は
五代くん=妻夫木聡
四谷さん=堤真一or田辺誠一
一之瀬のおばさん=渡辺えり子
三鷹さん=オダギリジョー
朱美さん=飯島愛
こずえちゃん=木村カエラ
八神=堀北真希

響子さんの母=真野響子。響子さんの名前の元でしょ?敬意を表して。
大家さん=石立鉄男。雑居コメディってことでオマージュ。
ってところでしょうか。

でもどこがドラマ化するんだろうね。
ありえそうなところでフジテレビの『天才柳沢教授』のプロデューサーにスタッフだったら1ミリたりとも期待しませんが。
石立鉄男が主演していた『雑居時代』や『おくさまは18歳』などの一連のホームコメディや洋画だとビリー・ワイルダーの映画みたいなあーゆー古き良きおおらかな感じの雰囲気をきぼんぬ。

俺としては、響子さんと響子さんの母親が喧嘩して商店街を「うるさい!うるさい!うるさい!」ってずんずん歩く話が見られればそれで良いや。 俺がめぞんで一番好きなキャラは人の話をまったく聞かない響子さんの母親だし。あの人が出ると話のレベルが上がるんだよね。
[PR]
by interstellar_dust | 2005-10-21 23:59 | t.v. / movie
<< PS2のソフトがPS2本体で動... Super Furry Ani... >>