映画クロ高を見てきた話
少し前になりますが、映画『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』を見てきました。

内容はかなりレベルが高くて、基本的に見た目も中身も空気も原作の再現度が高くファンには非常に楽しめるし笑える映画になっていました。ファンじゃなくても笑えるとは思いますが、OPから笑いっぱなしの(シャイなので心の中でな)俺には客観的な判断は出来ず。知らない人はいいからマンガ読め。

中盤から原作を膨らませたようなオリジナルのエピソードがはさまってきて原作ともアニメとも違うテンポや空気感が良いアクセントに。後半の『宇宙猿人ゴリ』ネタだけは元ネタがあるだけに大事に膨らませすぎてテンポが悪く、作っているほうはスレスレの乾いた笑いを期待しているんでしょうけど、現実に客席は冷めきってました。あの後半がこの映画、唯一の難点でしょう。昔の特撮風の吹き替えをダラダラとしたテンポで聞かされたのが個人的にはツラかったです。

個人的に期待していた竹之内豊役の高山善廣は演技や滑舌はシロウトなんですがやはり抜群の存在感があって良かったです。原作で一番好きないろは坂ネタが無かったのは悲しかったけど、今はとにかくこの配役を考えた人を褒めてあげたい。

唯一の誤算は、映画館の客層がオタに偏っていて、俺も人の格好になんか文句つけられるほどエライ人でもオシャレでもありませんが、「えっと。これってオタのコスプレ?アキバにもこんな人たちいないから!隠しカメラどこ?」ってくらい強烈な人たちがいまして、上映中はカブトムシが寄ってきそうなすえたスイカのような臭いがツラかったです。
ドラマ版電車男では電車男の妹がオタ臭は実際にはしないと言っていましたが、実際ヤバイ人はヤバイから!
[PR]
by interstellar_dust | 2005-08-04 22:34 | t.v. / movie
<< iTunes Music St... (PC用2.1CHスピーカー)... >>